スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

舛添氏10日間の結党劇 “次期首相”1位 孤立化の末(産経新聞)

 各種世論調査で「次期首相候補ナンバーワン」の舛添要一前厚生労働相を代表として結成された新党改革は、まさに「舛添の、舛添による、舛添のための新党」といえる。ただ、舛添氏は自民党内で孤立化し、追い詰められた末の結党劇だった。新党結成に至る舞台裏を検証する。(今堀守通)

                   ◇

 ◆幻の参院会長

 「おれは動く」

 今月20日午前、舛添氏は周辺にこう宣言した。政党要件として必要な5人以上の国会議員の参加のメドがたったからだ。もっとも、準備万端での結成にはほど遠かった。

 「新党を作らないと活動の基盤ができない。となると、自分も含め5人の同志を集めないといけない。しかし、それぞれの政治家には選挙区や後援会の事情があり時間の制約もあった」

 23日午後、国会近くの都市センターホテルで開かれた記者会見で、舛添氏は必ずしも満足していないことをうかがわせた。それだけ舛添氏は自民党内で八方ふさがりに陥っていた。

 舛添氏とともに自民党を離党した矢野哲朗代表代行は証言する。

 「舛添代表は執行部への批判勢力という位置づけで(自民党内で)どんどん窮地に追いやられたことも事実だ。党内で埋没してしまう恐れさえ感じた」

 矢野氏は4月はじめ、参院議員会長を舛添氏に交代する動きに出た。他の議員の投票ボタンを押した若林正俊元農水相には議員辞職を迫りながら、「政治とカネ」の問題で鳩山由紀夫首相らを追及しきれない自民党執行部に失望したためだ。

 「参院執行部を変えたい。駄目なら新党だ」

 矢野氏は舛添氏にこう持ちかけた。舛添氏も同意したが賛同者は集まらず、「舛添参院議員会長」構想は頓挫した。自民党内で矢野氏と舛添氏は孤立した。

 ◆邦夫氏もちかけ

 当初、舛添氏が離党に傾きかけたのは3月だった。最初に新党話を持ちかけたのは、東大法学部で同級の鳩山邦夫元総務相だった。鳩山氏は、舛添氏を中心に、与謝野馨元財務相や平沼赳夫元経済産業相、さらにはみんなの党も糾合した第三極の結集に意欲を示した。

 これに対し、平沼氏や藤井孝男元運輸相らは舛添氏を「肌合いが違う」と強く拒否。鳩山氏は3月15日に自民党離党を表明して最後の試みもしたが状況は変わらず、舛添氏だけでなく鳩山氏も「平沼新党」からはじかれることになった。

 「舛添取り」の動きは、別のところでも出た。

 「舛添を迎えたいんだ」

 4月1日、改革クラブの渡辺秀央代表(当時)は大江康弘氏にこう持ちかけた。改革クラブは、小沢一郎代表(現幹事長)に反発して民主党を離党した渡辺、大江両氏を中心とした政党で、自民党の補完勢力ともいわれてきた。

 渡辺氏と、今年初めに自民党から移籍した山内俊夫氏は夏の参院選で引退する方向だ。新加入がないと党は事実上存続できなくなる。そこで国民的人気がある舛添氏を迎えようと考えた。

 自民党との関係維持を重視する大江氏は、新党に「同意できません」と拒否。その後両氏は「ののしり合う」(関係者)ほどの応酬を繰り広げたという。昨年入党した中村喜四郎衆院議員も反対した。それでも、渡辺氏は舛添氏の勧誘を続けた。舛添氏は、この時点で“入党”には同意してはいなかった。

 ◆略称でつまずく

 舛添氏は橋下徹大阪府知事らとの連携にも失敗した。結局、大江、中村両氏を除く改革クラブの3議員に舛添、矢野両氏、それに夏の参院選で自民党公認が得られなかった小池正勝氏の計6人が顔をそろえることになったのは「10日ほど前」だった。荒井広幸幹事長も「2週間ぐらいで、魂をお互いに呼ぶようにして結党した」と述べた。

 大江氏は23日、改革クラブから新党改革への衣替えという形での新党結成に「これは新党ではない。(政党助成金の)交付金目当てで、非常にまやかしの党だ」と激しく非難した。結党会見で渡辺氏は「そういう意見があること自体、非常に卑しい」と反論した。

 党の略称でも一騒動があった。舛添氏の党であることを前面に出すため「新党改革」ではなく、「ますぞえ新党」を参院選比例代表で使用する党の略称とする方針を固めたが、国政選挙で代表者名を政党の略称には使用できないとの公職選挙法の規定に抵触する恐れがあったため、白紙に戻した。

 出だしからつまずいた印象は強いが、党関係者は今後、舛添氏がテレビに積極的に出演することで、党の知名度もあがると期待する。

 別の見方をする人物がいる。民主党の小沢氏だ。小沢氏は23日の大阪市内での会見でこう言い切った。

 「無党派とか浮動票が舛添氏のところに流れるのではないかとよく聞かれるが、私は心配していない」

                   ◇

 ≪新党改革 基本政策の要旨≫

 ■政治とカネの問題を解消し、開かれた国民政党による政治を行う。企業・団体献金は禁止し国会議員定数を半減する。

 ■政治家がリーダーシップを発揮し、官僚をコントロールする真の政治主導を確立する。国民監査請求制度を創設する。

 ■新しい時代にふさわしい憲法を制定する。

 ■経済成長戦略、産業政策、規制緩和を推進。法人税減税で経済成長を復活させる。

 ■道州制を導入。一国二制度や大阪などの特区構想を打ち出し、地域が責任を持ち、独自のルールに沿った制度・行政モデルを容認する。消費税の地方財源化を進める。

 ■日米安保を基軸に国際社会に貢献する外交・安全保障政策を推進する。

 ■高齢者が働いて収入を得ても年金が減額されない制度を構築する。行政の無駄を省き、消費税を福祉目的税とするなど税制改正を断行する。

<有料老人ホーム>「頭取り」廃止へ 静岡の運営会社(毎日新聞)
国交相反論「建設要望して値段上げるなとは…」(読売新聞)
五島列島、EVレンタカーでエコな教会巡り(読売新聞)
石綿被害で首都圏の建設労働者が2次提訴(産経新聞)
16歳高校生を強姦容疑で逮捕=アパートに侵入、32歳女性襲う-佐賀県警(時事通信)

JR武蔵野線が運転再開 人身事故で男性けが(産経新聞)

 人身事故により西船橋-府中本町駅間で運転を見合わせていたJR武蔵野線は、19日午前8時20分ごろ、全線で運転を再開した。

 市川市消防局やJR東日本によると、同日午前7時半ごろ、市川市大野町の市川大野駅で20代の男性が線路内に入ったため、運転を見合わせていた。男性は車両の下にいたところを救助されたが、頭などにけがを負い、病院へ搬送された。

 男性がホームから飛び込んだという目撃情報もあるという。

【関連記事】
京浜東北線に女性専用車の運用始まる JR東日本
民主香川県連、JRの参加を要請へ 宇高航路協議会
電車に女性はねられ死亡 名古屋
初代つばさラストラン 国内初のミニ新幹線
JR東海7社員が無賃乗車
外国人地方参政権問題に一石

偽装献金事件 首相「来週にはすべて決着」(産経新聞)
地球1周マラソンを一時中断=間寛平さん、治療のため米国へ(時事通信)
<JR福知山線脱線>歴代3社長、強制起訴前に聴取せず(毎日新聞)
平城遷都1300年祭 和の匠と学者、熱い挑戦実る 困難極めた資料なき復原(産経新聞)
日米関係悪化を懸念 鳩山政権に不満も(産経新聞)

<伝統薬>都内にショップ 薬事法改正で老舗結束(毎日新聞)

 各地に伝わる伝統薬の製造業者が力を合わせ、東京都港区に初のアンテナショップを開いた。いずれも創業が明治・大正期の老舗で、小規模経営ながら家伝の製法を守り、主に電話で注文を受けて顧客に薬を送り届けてきた。だが09年6月、改正薬事法が施行され、通信販売ができなくなった。業者はショップを通じて伝統薬を守ろうと必死だ。【合田月美】

 伝統薬は、各地に伝わる古くからの製法で、生薬などを配合した薬。一部の漢方薬も含まれる。「高輪 伝統薬房」と名付けられた店舗は、薬事法改正に対抗するため同業43社で組織した「全国伝統薬連絡協議会」が、加盟社の「再春館製薬所」(本社・熊本県益城町)東京事務所(港区高輪4)1階に開設した。

 店内には薬種を粉末にする薬研(やげん)や小さな引き出しがたくさんついた百味箪笥(ひゃくみだんす)が置かれ、生薬の香りが漂う。棚には動悸(どうき)、息切れに効く「六神丸」や風邪薬、婦人薬など21社の約60種の薬が昔ながらのパッケージで並んでいる。来店した客には2人の薬剤師が効能や特徴を説明する。「一人でも多くの人に伝統薬を知ってもらいたい。このままでは貴重な遺産が消えてしまう」と店の担当者は話した。

 通信販売の原則禁止は主にネット販売への規制を念頭に置いたもので、伝統薬業界には「電話注文を受けていた自分たちは、あおりを受けた」との思いがある。08年10月までの加盟43社の年間売上総額約87億円のうち、4割を超える約39億円が通販での売り上げだった。協議会によれば、改正法施行後、実際に多くの業者が売り上げを2~3割減らしているという。

 岐阜県下呂市の下呂温泉にある「奥田又右衛門膏(こう)本舗」。120年にわたって天然生薬配合のはり薬「下呂膏」を製造販売してきた。腰痛、関節痛に効くとされ、湯治をきっかけに知り、その後は電話で注文してくる客が多かった。日向靖成社長は「痛くて電話をくれたお客さんに薬を届けられないことが何より心苦しい。電話でも対面販売と変わらぬ対応をしてきたのに」と訴えた。

 各地に伝統薬を訪ねた「妙薬探訪」の著者で医療ジャーナリストの笹川伸雄さんは「薬に安さと即効性ばかりが求められるようになり、通販禁止でますます消えていくだろう」と指摘する。戦前は1000以上あった業者は現在、200社以下に減ったという。

 協議会は国に引き続き電話による通信販売禁止の見直しを求めていく考えだ。

 ◇ことば 改正薬事法

 06年6月に成立。市販薬を副作用の危険性によって1~3類に区分し、1類の販売には薬剤師による説明義務を課す一方、リスクの低い2、3類については、都道府県の試験に合格した「登録販売者」がいれば、コンビニでも売れるようにした。伝統薬を含む漢方薬の成分は大半が2類に区分されたが、ビタミン剤など3類以外は対面販売が原則とされ、通信販売が禁止された。経過措置として同じ薬の継続購入者と離島在住者は、09年6月の施行から2年間、通信販売での購入ができる。

【関連ニュース】
大洋薬品工業:配合量誤り業務停止へ 岐阜県が方針固める
大洋薬品工業:社長が辞任 誤配合の薬販売で
iPS細胞:「高純度な肝臓組織」開発 医薬基盤研
入れ歯安定剤:自主回収 健康被害の恐れ
大洋薬品:配合ミスの薬流通 社長が辞任へ

助産所の第三者評価を開始(産経新聞)
元最高裁判事の理事長、借用1500万を返済(読売新聞)
昔は不登校、今は仕事の挫折で…ひきこもりの高齢化(産経新聞)
訪問13回も「懐に飛び込めず」行政が見逃した虐待死、3つの要因(産経新聞)
亀井氏、「山崎氏にお願いしていない」毎日新聞報道を否定(産経新聞)

<総務省>山田、中田氏が顧問辞任(毎日新聞)

 総務省は9日、山田宏・東京都杉並区長と中田宏・前横浜市長が昨年10月から務めていた同省顧問を辞任したと発表した。山田、中田両氏は夏の参院選に向けて月内の新党結成を目指している。両氏は「一身上の都合」を理由とする辞任願を郵送し、原口一博総務相が了承した。

【関連ニュース】
総務省:官房総務課長らの人事異動 大臣遅刻で「更迭」か
消えた年金:第三者委の廃止検討 総務省は行政評価に集中
原口総務相:自殺報道照会「今後、十分に注意」
原口総務相:遅刻で謝罪 参院総務委が中止
原口総務相:出版パーティー開く 会費2万円で「質素」に

デイリーNK・高支局長「携帯は社会変えるツール」(産経新聞)
通天閣ロボ 「一日署長」で犯罪防止に活躍 大阪・浪速署(毎日新聞)
雑記帳 愛称は「米子鬼太郎空港」(毎日新聞)
<切断両腕>諸賀さんと断定 福岡県警(毎日新聞)
<殺人・死体遺棄>貸倉庫遺体の身元を確認 長野県警(毎日新聞)

大学忍び込みやすい…容疑者「関東50校で盗み」(読売新聞)

 東京都豊島区の学習院大学に侵入して学生のリュックから財布を盗んだとして、警視庁調布署が窃盗容疑で逮捕した男が、同署の調べに対して、「昨年10月以降、多摩地域を中心に、関東近県の大学約50校で80件以上の盗みを働いた」と供述していることがわかった。

 同署で余罪を追及している。

 男は、府中市本町4の無職横山夏樹被告(27)=建造物侵入罪で起訴=。同署幹部によると、横山被告は1月20日午前8時から同10時にかけて、同大の学生ホールで、女子学生(21)のリュックから現金1万円と、女子学生の出身高校が卒業記念で発行した図書カードが入った財布を盗んだ疑い。窃盗での逮捕は4月1日。

 横山被告は、2月16日朝、調布市の電気通信大で、普段学生が出入りしない教授室から出てきたところを、男性教授に引き留められ、駆けつけた同署員に引き渡されて現行犯逮捕された。この時持っていた図書カードの入手先を同署が調べ、学習院大での犯行を特定した。

 横山被告は、昨年6月にアルバイトを辞めて生活に困っていたといい、調べに対して「盗んだ金は生活費に使った。大学は忍び込みやすかった」などと供述しているという。

<完熟マンゴー>「太陽のタマゴ」2個で20万円 宮崎市場(毎日新聞)
阿久根市給与支払い拒否、地検が告発状を受理(読売新聞)
<春の新聞週間>福山雅治さん、小泉今日子さんに聞く(毎日新聞)
末梢血移植、非血縁者間も=ドナー負担軽く-骨髄財団方針(時事通信)
<築地市場>マグロの競り場見学一時中止へ 市場業務に支障(毎日新聞)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。